スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第119回 九尾杯、シーズン1後期使用構築、【ゴチゴチバトンバシャ】

お久しぶりです。

ムーバー解禁前の環境が、この記事を公開した頃には終了してると思いますので
晒していきます。


以下の表に個体、技構成、持ち物、備考を示します。
見にくいのは許してください。

ゴチミルゴチルゼル草ロトム
メガバンギラスバシャーモメガガルーラ

ゴチゴチ概要 ブログ


・ゴチミル
実数値(配分):167(252)ーx-132(236)ーx-108(20)ー75(0)


B方面
A237メガバンギラスかみくだく確定耐え
ダメージ: 110~132
割合: 65.8%~79%

A200ガブリアスの逆鱗2耐え
ダメージ: 69~82
割合: 41.3%~49.1%

A200メガリザードンの1段階上昇威力120技耐え
ダメージ: 135~159
割合: 80.8%~95.2%

D方面
C205ウルガモスむしのさざめき確定耐え
ダメージ: 134~158
割合: 80.2%~94.6%

パーティの軸です。

身代わりかちょうはつを持っているS実値75以上のポケモン以外には、
だいたい電磁波→あまえるorフラッシュで、後続に繋げることができます。

だいたい繋げる先は、バシャガルーラ、バシャバンギ、ゴチルゼル。

素早い身代わり持ちなどの抑制に、
スカーフトリックで縛ることができるロトムを入れています。

パーティによりますが、スカーフトリック+ゴチミル+ゴチルゼルで
勝ち確定が取れるようなパーティは体感多かったです。


ちなみにTODされた回数は、ロトムゴチゴチ選出回数38回中35回でした()
勝てる構築ですが、効率は悪いかも。




・ゴチルゼル
177(252)-x-154(196)ー116(4)ー134(56)ー85(0)


5世代期のゴチゴチのゴチルゼルとだいたい同じ。
フラッシュ+かげぶんしんは重ねることができるので、
ゴーストタイプ以外には、交代させず一方的に積むことができます。

チャージビームは決定力と全抜きの範囲を考慮で採用、
サイコショックはハピラキ、含め一致メインウエポン。

バンギ入りにも積極的に選出することができます。


ゴチミルとゴチルゼルは、両個体ともA0を粘りました。
クレッフィを許すな(過激派)




・カットロトム
127(12)ーx-140(100)ー147(172)ー128(4)-147(220)


 185戦中155回選出するぐらいのキーマン。
選出率は83%でした。

HB
A146ファイアローの鉢巻ブレイブバード耐え
ダメージ: 106~126
割合: 83.4%~99.2%
回数: 確定2発

火力
153ー89ファイアローを乱数一個取って確定
ダメージ: 132~156
割合: 86.2%~101.9%
回数: 乱数1発 (6.3%)

S
最速81族抜き。

カットロトムを採用したのは、ファイアローが居座ってくれるロトム種が
こいつ以外にいなかったため。
また、ミトム、ヒートムらへんにすると、アローが選出されにくいと考えたのも一つです。

後は、マリルリとかメガギャラにリフストで上から処理できたり、
何かとこいつでよかった感はありました。

対戦中に集計してたので、参考程度に。

某魔王ツールによると、アローの選出率が66%のうち、
カットロトムと対面した回数が24回で
そのうち21回が居座り蜻蛉、居座りフレドラでした。

ブレバを打った場合、反動ダメ+ボルチェンでアローが落ち、
フレドラでもボルチェンと合わせて反動落ちとかでした。

アローを受け出しさせない状態を作るのは、バシャがいるとかなり重要と感じました。

単体でできることと言えばこれぐらいなんですが、ガブにスカーフを渡すだけの機械でした。
この枠は、メガ石を持っているか判断できる特性おみとおしを持ち、
素でガブリアスを上から叩けるオンバーンでもおもしろかったかもしれません。




・バシャーモ
187(252)-140(0)-99(0)ーx-98(60)ー125(196)


最初は北大阪オフの弱点保険バトンにしようと考え進めましたが、
びっくりするぐらい発動しなかったです。

途中対面ガブでげきりんを打たせるふうせんを持たせたりしましたが、
全くしっくりこなかったので、オボンの実を持たせる形に落ち着きました。

スカーフロトムの起点作りで電磁波を巻いたあとは、
みがわりで試行回数稼いだりできますし、
対面マリルリでビルドアップ+オボンで、たきのぼり→アクジェの流れを耐えたり。

後はガブをげきりんで縛った後に死に出しして、
げきりん2耐えの状況を作る意味でも、非常に重宝しました。

かわらわりは壁構築もそうですが、
生き残ったバンギをタイマンで持っていけるようにするためのおまけ。

HB方面はビルド1詰みで、ようきガブの地震も耐えたりします。





・メガバンギラス
191(124)ー231(204)-170(0)ーx-140(0)-114(180)

クッソ強かったです。
完全に種族値の暴力。

ビルドバトンでこいつに繋げると、ようきガブの地震を2耐えする化物になります。

火力の方は、A2段上昇でガブをかみくだくで持っていけるぐらいの火力があります。
りゅうのまいで自ら無理やり積んだりすることもでき、期待以上の活躍でした。

バシャがアローを呼ぶので、結構相性いいです。

かわらわりの枠は、こおりの牙、げきりんと悩みましたが、
1段階上昇かわらわりで、212ー120メガガルーラが確定、
もちろんルカリオに対しても確定が取れ、使う頻度は多かったです。

ムーバー解禁後は冷凍パンチが使えるので楽しみなポケモンです。




メガガルーラ
191(84)-194(252)-125(36)-87()-110(0)-137(132)


ビルドバトン繋げ先大本命。

加速トビルドアップを引き継げばだいたい倒せます。
雑に強かったです。

不意打ちは加速引き継いだ後に、
鉢巻アローに対して1段階上昇ふいうちで
ブレバの上から叩いて確定が取ることができるので
全抜きストッパーのアローにもビビらず出せます。

後はパーティで重めのガブリアスに対して、スカーフを渡せなかった処理ルートで
リフスト+ふいうちで183ー116ガブを確定で取れる点においてもふいうちは採用しました。

かえんほうしゃは弱点保険で繋ぐ前提だったんで変えてもいいかも(
HB寄りのナットレイとかにしか撃たない技。




選出パターンは

①カットロトム+ゴチミル+ゴチルゼル
バンギ、サザンドラ、ゲンガー、ウルガモス、等
ゴチゴチに一貫する技を持ってるポケモンがいる場合以外に選出することが多かった。

無理やり起点を作れるので、くっそ楽しかったです(ゲス)

重たいガブリアスについても、スカトリが決まってしまえば
この選出で勝つことができますが、だいたいバンギがいるので
ピンでいる場合に限り取り巻きがゴチゴチに薄かったら、積極的に選出しましょう。

ガルーラとカットロトムが初手対面した場合は、
ロトム電磁波→捨て、ゴチミルの甘えるでグロパン積まれていても間に合います。


②カットロトム+バシャーモ+ガルーラ

主にゴチゴチ選出ができなかった時の選出パターン。
ほえる持ちのバンギとかにもカットロトムで荒らしたり、誘うガブにもこの並びで捌ける。

①と同じく初手でメガ進化ポケモンと対面したら、電磁波で切り
バシャのみがわり連打で試行回数繋げてガルーラで抜くって形です。


ただ、裏にガブを隠された状態でメガ進化ポケモン、あるいはアロー対面を作ってしまうと、
一手で試合が決まってしまうこともあるので、この構築の課題かなと思います。


③カットロトム+バシャーモ+バンギラス

 ガルーラで処理できないゲンガーがいる場合にこの選出を取ることが多い。

ガブが取り巻きにいてもゲンガーがいれば基本的にこの選出を取ります。

ゲンガー対面でのロトムの行動は基本的に電磁波からで問題ないです。
トリック選択し、メガシンカだと一気に崩れます。

アロー、ゲンガー、ゴチルゼルミラー、岩悪格闘の範囲がぶっ刺さってる時ぐらいにしか出しません。


④ゴチミル+バシャーモ+ガルーラorバンギラス


リザードンが相手のパーティにいる時の出し方。
カットロトムがどちらのリザードンにも弱いので、ゴチミルを先に出しておきます。

リザードンYはパーティ的にオバヒぶっぱができないことと、
バンギラスがいることでこのパーティに出てくるリザードンは基本的にXで考えて問題なさそうです。

ゴチミルが起点に作りやすいポケモンと対面してしまえば、
バシャで起点にして楽に勝てる試合も少なくはなかったです。


⑤ゴチミル+ゴチルゼル+ガルーラ

あーもうこのパーティ無理!!!って時の選出。

ゴチゴチで荒らしてお母さんが掃除するだけの簡単な選出。
基本的に使いません。





ゴチゴチの認知度が少ないらしいので、記事にしてみました。

ただ文章を書くスペックが足りないので、伝わり切れていないとこはご了承ください。

こんなパーティ来たらどうすんの?
とかあればツイッターでもこの記事のコメントでも受け付けます。


最高レートは2067、九尾杯3勝3負け1引き分け予選落ち 勝率は全部で6割弱ぐらいでした。

バトン構築で自身の最高レートがでるとは思ってなかったんで素直に嬉しかったです。
次のシーズンは2100目指して頑張りたいと思います。


以下は参考ブログとこのパーティにおけるKPです。



参考
http://d.hatena.ne.jp/kusy-kain/20130513/1368460235
http://d.hatena.ne.jp/FuraFuranyan/20130726/1374835318
http://d.hatena.ne.jp/Ringuman_doara0730/20130917/p1
http://d.hatena.ne.jp/patchmari08/20131123/1385185420


このパーティに対してのKP(185戦) 20位くらいまで

ゴチゴチKP


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悪タイプ、ゴーストタイプが増えたことでゴチルゼルは全抜きよりも役割遂行で使われるようなケースが多くなってきたように感じてましたが、この記事読んでるとなんとなくまだ全抜きもいけそうですね。

No title

>>ユクエさん

悪、霊の一貫性は気になるところですが、自分から押し付ける起点構築は、はまればいけそうな対戦は多かったですね。

基本的にゴチゴチにつよいポケモンに対して、バシャバトンの並びが強く出れるんで、選出の見せ合い圧力はまだまだ現役かなと思ってます。

このパーティ挑発もちのヤミラミにはどのように対応するのでしょうか?

No title

>>ビッパさん
カットロトムの動き方を変える感じですね。
ぶっささってるので、かなり重たいですが、このCラインHだけのヤミラミがリフストで落ちたり、みがわりとの択になったりしますが、ボルシェンを駆使してうまく処理するしかないですね。先制ちょうはつにはめっぽう弱いです。

ただ、ヤミラミとカットロトムが相対していきなりちょうはつより、みがわりからとかだと思うんで、そのへんは噛み合うかですね。
プロフィール

@あみゅ

Author:@あみゅ
ブログの名前を変更致しました(2013/12/24)
前ブログ名:あみゅノムのお部屋

ニコニコ動画で実況、生放送してます。

こちらのブログでは、動画の概要、コメント返信
使用PTの雑記等に使います。

不定期更新ですがよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。